My Profile

My Honda

updated on 2016/ 06/05

My Apple

My Honda

My Sony

My Camera


■N360:1969年中古車購入(写真は自車ではない)

 2ドアセダン、FF、4速MT
 空冷2気筒、354cc、31馬力/8500rpm
 全長2995mm、全幅1295mm、全高1345mm、重量475kg  当時は軽自動車は、360ccで車幅も今より一回り小さいが
 エンジンの回転はよく、車体も軽いので軽快に走ったが
 さすがに中古車、故障続きで2年で買い換えることになった
■Honda-Z:1971年購入(写真は自車ではない)

 2ドアクーペ、FF、4速MT
 空冷2気筒SOHC 360cc、36馬力/8500rpm
 全長2995mm、全幅1295mm、全高1345mm、重量510kg  当時としてはユニークなスタイル
 運転席が低く、体感が速く感じられた
 7000回転/分で120km/時も出た
 これで東北一周してきたのが思い出。未舗装も多く、途中でタペットがすり減ってエンジントラブル。仙台のホンダに駆け込んで、その場で修理してもらえた。
■シビック:1978年購入(写真は自車ではない)

 2ドアセダン、FF、AT(ホンダマチック)
 水冷4気筒、1200cc、60馬力/5500rpm
 全長3405mm、全幅1505mm、全高1325mm、重量600kg  ホンダマチックは画期的な無段変速だが、さすがに走り始めの加速が緩い感じは否めなかった。
オートマになって左足が遊んでいるので、左足ブレーキを練習して習得した。左足にはクラッチを切る癖が残っていて最初はどうしても急ブレーキになってしまった。
今日まで38年、ブレーキ/アクセルを左/右の足で便利に使ってきた。これなら踏み違えの事故は起きないはず。
■クイント:1984年購入(写真は自車ではない)

 5ドアハッチバック、FF、4速AT
 4気筒、1600cc、90馬力/5500rpm
 全長4110mm、全幅1605mm、全高1355mm、重量865kg  ハッチバックの5ドア車。
 走りやすさ、取り回しはよかった。急カーブで速度を落とさないとタイヤが鳴った。
 この後継機種はインテグラとしてスポーティシリーズに移行している
 
■ドマーニ:1995年購入

 4ドアセダン、FF、4速AT
 4気筒、1600cc、120馬力/5500rpm
 全長4415mm、全幅1695mm、全高1390mm、重量1100kg  サイズとしてはちょうどいいファミリーカー
 同じ車体でいずすジェミニが走っていたがホンダからのOEM
■アコード:2005年購入

 アコードとしては7代目にあたるCL7型  4ドアセダン、FF、5速AT/MT
 4気筒DOHC i-VTEC、2000cc、155馬力/6000rpm
 全長4665mm、全幅1760mm、全高1450mm、重量1400kg  初めての2000cc、3ナンバー
 ATの5速目はオーバードライブ。MTも選べるが山道の下りくらいしか使わない。
 高速での伸びがいい。トランクルームが意外に大きく役に立つ。

 10年経ったがさて次は自動運転カーか?